画像診断・核医学科、阿部教授の論文が掲載されました

甲状腺癌術後に行った放射性ヨウ素内用療法(アブレーション)の、当院での成績をまとめた論文「Low-dose radioiodine therapy for patients with intermediate- to high-risk differentiated thyroid cancer」(画像診断・核医学科、阿部光一郎教授)がAnnals of Nuclear Medicine誌に掲載されました(Ann Nucl Med 2020 Feb;34(2):144-151.)  

第32回日本内視鏡外科学会総会 に参加しました

2019年12月5日から7日にパシフィコ横浜で開催された第32回日本内視鏡外科学会総会に参加しました。
高部医師が「左副腎部分切除術により治療した原発性アルドステロン症を伴うコルチゾール産生左副腎腺腫の一例」を発表しました。