沿革

本学は外科学教室創設以来の伝統を引き継いで一般外科学を担当してきた外科学(第二)講座と、1981年に開設された内分泌外科とを統合し、2015年7月に新たな外科学(第二)講座 としました。2017年4月からは専門領域を乳腺・甲状腺・副甲状腺・副腎などに生じる外科的内分泌疾患を担当する乳腺・内分泌外科そして小児外科とし、2018年10月から講座名も「乳腺・内分泌・小児外科学講座」となりました。

歴代責任者

教室教授在任期間
外科学第二織畑 秀夫1955/05-1987/03
浜野 恭一1987/04-1996/03
亀岡 信悟1996/04-2015/03
内分泌外科藤本 吉秀1981/04-1992/03
小原 孝男1992/04-2009/03
岡本 高宏2009/04-2015/06
外科学第二⇒乳腺・内分泌・小児外科岡本 高宏2015/07-

リンク

東京女子医科大学病院 小児外科

東京女子医科大学 第二外科同門会