永井医師の論文が掲載されました

乳がん手術の際の悪心や嘔吐を予防する対策を検討した「乳癌手術における術後悪心嘔吐予防介入の効果とリスク因子」(永井絵林医師)が日本臨床外科学会雑誌に掲載されました(日本臨床外科学会雑誌 2019;80(6):1035-1040)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です